金澤プリン本舗がひがし茶屋街店のメニューやおすすめの見所と魅力を調査!

スポンサーリンク

金沢市の観光名所「ひがし茶屋街」に「金澤プリン本舗」が4月13日オープンしました!

落ち着いた雰囲気は京都を思わせます

石畳の両側に出格子がある町屋が軒を連ねる街並みは、昔の面影と風情を感じさせます

ひがし茶屋街は1820年に、藩が周辺のお茶屋を集めて町割りが行われた場所です

今でも一見さんお断りのお茶屋が残っています

「ひがし茶屋街」は2001年に国から重要伝統的建造物群保存地区に指定されています

和洋菓子や伝統工芸などを扱うショップやカフェも充実しています

そんな「ひがし茶屋街」のおすすめの場所も合わせて紹介します

スポンサーリンク

金澤プリン本舗とひがし茶屋街の魅力と見所

ひがし茶屋街にプリンの専門店が出店するのは初めてです

昔ながらの茶屋の雰囲気が漂う店内です

金澤プリンと5つのこだわり

石川県産食材にこだわった5種類のプリンを販売

1個90gで、価格は460~880円(税込み)

こだわりのプリン5種

 

金箔あずき(数量限定)

特別に炊き上げた小豆飴に、金沢金箔を散りばめた贅沢なぷりんは、おみやげにも最適

オリジナル

能登の牛乳「のとそだち」を主原料に、なめらか・やわらか・まろやかな食感が特徴

能登塩

奥能登・珠州で作られた希少な海水円を使用

さっぱりとクリーミィな味わいが特徴

加賀棒茶

じっくり抽出した加賀老舗茶舗の有名な棒茶の、香ばしい香りが特徴

抹茶

京都宇治の抹茶を使用した、抹茶ならではの美しい緑色と香り、ほろ苦さが特徴

 

 ぷりんソフト(イートイン限定)

金澤プリン5つのこだわり

奇跡のなめらかさ

絹のようななめらかさは、ぷりんの専門職人が試作を繰り返したどり着いた奇跡の食感

しぼりたての牛乳を原料に

地元の牛乳「のとそだち」を使用

近くでとれた素材を厳選

牛乳のほかにも地元の素材が中心

能登塩、加賀棒茶、金沢醤油など厳選素材を使用

丹精込めた店内づくり

金澤プリンは店内の工場で製造

ロケーション

古都金沢「ひがし茶屋街」に位置する、茶屋造りの店舗

昔ながらの茶屋の雰囲気を感じる店内の奥で、ゆったりとぷりんをいただけます

〒920-0831

石川県金沢市東山1-13-10(ひがし茶屋街)

TEL:076-225-7749

営業時間:10:00~18:00

定休日:火曜日

 

店舗案内_

ひがし茶屋街の魅力と見所3選

志摩

日本で唯一、国の重要文化財に指定されているお茶屋です

※入館有料

ホーム|金沢ひがし 志摩
金沢ひがし廓の伝統あるお茶屋「志摩」のサイトです。ひがし茶屋街のかつてのお茶屋を一般公開。艶やかな伝統文化の粋をご覧下さい

 

お茶屋美術館(旧 中や)

1820年に建てられたままの貴重なお茶屋の建物です

金沢市指定文化財 お茶屋美術館 (旧中や)| ホーム
詳細

※入館有料

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日:木曜日

自由軒

1909年創業の老舗洋食店

オムライスが美味しいことで有名です

お昼にはたくさんの人が並んでいます

金沢ひがし茶屋街 レストラン自由軒
「レストラン自由軒」公式ホームページ 金沢のひがし茶屋街入口にある1909年創業の老舗洋食屋

まとめ

今でもキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い町並みが残り、昔の面影を残す「ひがし茶屋街」

灯ともし頃になれば今でも軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音が聞こえてきます

約200年の歴史が息づく「ひがし茶屋街」にオープンした「金澤プリン本舗」

地元食材にこだわって作られたぷりんソフトクリームを味わいながらの散策はいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました