ラーほーとは?レシピと口コミを紹介!ほうとうの豆知識

スポンサーリンク

「ラーほー」ってご存知ですか

山梨県の郷土料理「ほうとう」とラーメンをかけあわせた料理です

山梨県笛吹市の山下市長が企画し、料理研究家の西本淑子さんの協力で開発されました

スポンサーリンク

「ラーほー」開発のきっかけと山梨県の郷土料理の「ほうとう」とは

山梨県 笛吹市が1年かけて開発したという「ラーほー」

なぜ「ラーほー」?「ラーほー」のレシピと作り方

ラーホーが開発されたきっかけは?

笛吹市では以前から、訪れた観光客に「何を食べたらいいですか」と聞かれるたびに答えに困っていたそうです

山梨県内各地には「ほうとう」「鳥もつ煮」「吉田うどん」などがありますが、笛吹市には、ないとのこと

「モモやブドウは誇れる産品だが、主食ではなく、年間を通して食べられるわけではない」

そこで、新名物を開発するプロジェクトがスタートしたそうです

「ラーホー」のレシピって?作り方は?

「ラーほー」のルールは1

「山梨県のほうとう麺を使えば、レシピは店の自由」

ルールが一つということで、提供する店ごとにアレンジも様々です
しょう油みそ味とんこつ醤油担々麵など、様々な「ラーほー」が生まれているそうですよ

味付けやトッピングのほかにも、本来の「ほうとう麺」は茹で時間が長いのですが、製麺所に茹で時間が3分の麺を注文する店舗もあるそうです

ですから庭でも簡単に作ることができます

市販のラーメンのスープに、「ほうとう」の麺を茹でて入れるだけ

入れる具材やトッピングは自由です

そんな気軽さが人気の秘密ではないでしょうか?

麺を煮込む時間で食感もスープのトロミの具合も変わります

山梨県の郷土料理「ほうとう」の歴史を簡単に紹介

そもそも、山梨県の郷土料理「ほうとう」って、どんな料理なのでしょうか

「ほうとう」とは

米作りのむずかしかった山梨県の山間部では、蚕を飼って絹糸をとることで暮らしをしていたそうです

蚕のエサとなる桑を作り、桑の収穫が終わった後は麦を栽培しました

収穫した麦を麺にして、季節の野菜とみそで煮込んだのが「ほうとう」といわれています

「ほうとう」に使う麺は、うどんと違い、麺を打ったあとねかさずに、すぐ切って煮込むため煮くずれしやすく汁にとろみがつきます

煮くずれした麺とみそがまじりあった味が「ほうとう」の美味しさだそうです

使う野菜に決まりないのですが、カボチャを入れて作ることが多いそうですよ

「ほうとう」っていつから食べられているの?

「ほうとう」には、いろいろな云われや歴史があるそうで

清少納言の「枕草子」にも「熟瓜(ホゾチ)ほうとう参らせんなどとどむるを」とあるそうで

奈良時代のころの高僧(遣唐使)などによって大陸から伝えられたと考えられています

もう少し分かり易いところでは、戦国時代に武田信玄が甲州に出入りした高僧(遣唐使)から伝承され

のちに「武田汁」といわれ(生麺と季節の野菜をみそ汁で煮込んだ)「野戦食」として用いられたとあります

 

さらに分かり易い説では、武田信玄公自らが伝統の家宝で、麺を細長く切ったことから

宝刀「ほうとう」の名が生まれたという伝説もあります

「ラーほー」はどこで食べられるの?値段は?

提供する店は、当初の12店舗から徐々に増えていて

中華料理店だけでなく、居酒屋や、健康ランド、ホテルなどでも食べることができます

「ラーほー」って高いの?

もともと、「ほうとう」は価格がやや高めですから、新名物の開発にあたり1,000円以内に抑えるというコンセプトがあったそうです
ですから、提供店舗も700~800円前後が多いとのことです

「ラーほー」を食べた口コミを紹介!

ほうとうというよりラーメンラーメンというよりうどん
ほうとうの要素は「麺」にあり、ラーメンの要素は「スープ」にあり、これが「ラーほー」
麺は確かに「ほうとう」、でもスープはラーメン不思議な感じだけど美味しい
「冷やしラーほー」レモン入りでさっぱり食べやすい!(500円)
「みかさの湯 らーほー」は、スープはしょう油味のあっさり系、レモンとラー油を好みでかけ、途中で味を変化させると教えてもらいました。トッピングは、オクラ・ネギ・ヤングコーン・唐揚げ2個です。麺は平たいほうとう麺、ツルツルもちもちで美味しかったです
この麺うどんじゃないかな?新感覚のうどんだと思えばそこそこ美味しいと思うけど、「ラーほー」の行き先が怪しい気がします
今年(2018年)7月に生まれた笛吹市の新名物「ラーほー」をいただきました。ほうとうの麺にあっさり鶏ガラ醤油、トッピングは鶏唐揚げ・ゆで卵・ほうれん草、カイワレ。平打ちのほうとうは煮込まれていないのでツルシコでマイウー♡

まとめ

いかがでしたか?

山梨の「ほうとう」とは、長い平麺をカボチャなどの野菜とみそ仕立てで煮込んだ郷土料理です

ラーメンとかけ合わせた「ラーほー」は、より身近なメニューに生まれかわりました

ラーメン感覚で手軽に食べられるのが魅力のひとつですね

これからますます提供する店舗が増えることで、どんなアレンジレシピが増えるのかが楽しみです

人の好みは様々ですから、食べた感想もいろいろですよね

ですから是非一度、食べてみてはいかがでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました