マイルドドラッグと甘いもの中毒の症状は?抜け出す方法について紹介!

スポンサーリンク

 

いつもなんとなく食べている、食べたくなる、無性に食べたくなる、そんな食べ物はありますか?

もしあれば【マイルドドラッグ】の中毒になっているかもしれません

…とは、いきなりビックリですよね

まずは、いわゆるドラッグとマイルドドラッグについて…

スポンサーリンク

ドラッグの種類とその中毒性とは

マイルドドラッグとは、覚せい剤よりは脳への依存や刺激は少ないのですが、中毒性があります

ドラッグとの違いと、ゆるやかなだけに恐ろしい中毒性について…

ドラッグの種類

ドラッグには3つの種類があります

  •  ハードドラッグ…覚醒剤、コカインなど
  •  ソフトドラッグ…アルコール、タバコ、コーヒーなど
  •  マイルドドラッグ…甘いお菓子、スナック菓子、パン、清涼飲料水など

程度の問題はありますがこの3つには、次の2つの共通点があります

  •  食べ(飲み)過ぎると、体に害を及ぼす
  •  嗜好性だけでなく、依存症・常習性がある

【マイルドドラッグ】というように、身近な食べ物に中毒性のある食べ物があります

マイルドドラッグとは

さきほど、マイルドドラッグ…甘いお菓子、スナック菓子、パン、清涼飲料水などと書きました

これらに共通するものは、糖質脂質です

甘いもの = 砂糖(糖類)= マイルドドラッグかというと、それだけではありません

甘いものと聞くと、ケーキや饅頭など洋菓子や和菓子などを思い浮かべがちですが

米にもは多く含まれています

砂糖などの糖類は、糖質の中の糖類というカテゴリーです

その量は、ごはん 1杯(150g)で角砂糖 14個分相当になると言われています

砂糖や炭水化物、塩、うま味調味料など、知らず知らずのうちに口にしてしまう食材ばかり、これらを多く含むスナック菓子やスィーツ、ラーメン、丼物、コンビニ弁当などは美味しくて、つい食べたくなり食べ過ぎてしまいます

食べ過ぎたら健康に悪い食事が【マイルドドラッグ】です

マイルドドラックを使って調理された加工食品はどれもおいしく、あとを引きます

マイルドドラッグの中毒性とは

ダイエットや健康のためにお菓子を控えたい、でもなかなかやめられない、そんな悩みを持つ人の多くは「意志が弱いからだ」と思ってしまいがちですが、実際には意志の問題ではなく「中毒」になっている可能性があります

麻薬中毒者がドラッグを求めている行動と同じ、いつも口にする、習慣のある食品を食べないと無性に食べたくなる、まさに「マイルドドラッグ中毒」の症状です

マイルドドラックは脳内に大量の快楽物質(幸せホルモンと呼ばれるドーパミンやセロトニン)分泌します

      ↓

悪影響をもたらすことがわかっていて、やめたいにもかかわらず、衝動的に摂取してしまう

      ↓

常用することで、耐性ができる + 過剰摂取により、それなしでは生活できなくなる

      ↓

やがて満足感がなくなり、禁断症状も現れます

 

アルコールやニコチン、コカイン、モルヒネと同じ変化が脳内で起きていると動物実験で報告されているそうです

マイルドドラッグから抜け出す方法

それではどうしたらいいでしょう?

糖や脂質への依存をやめる!と口で言うのは簡単ですが、行うのは容易ではありません

なぜなら依存の要因は身体と心の両方にあり、物理的なアプローチと心理的なアプローチが必要だからです

マイルドドラッグの摂取を少しずつ減らしていけば、食べたいという気持ちも次第になくなっていきます

禁断症状が起きても、それはほんの数日しか続かないこと、そしてそれを乗り越えればいままで以上に気持ちが安定し、元気が出るということを理解することが大切です

マイルドドラッグ依存をコントロールする10のヒント

①まずは1週間、それが無理なら3日間でもいいから、期限を決めてマイルドドラッグを断ってみることから始める

②目標を達成できたらご褒美として1日だけ量を決めてマイルドドラッグを食べる(アメとムチを自身に課すことで、徐々に中毒から抜け出していく)

③ラーメンやパスタが食べたいときにはそばを食べることで小麦から遠ざかる

④外食をやめて「薄味」になれる

⑤目的もなくコンビニに立ち寄らない

⑥小腹が減った時にはナッツを食べる

⑦野菜やみそ汁を先に食べる

⑧一口30回以上噛む

⑨食べ終えたら歯を磨く

⑩おなかがすいたら運動をする

ストレスをコントロールする別の方法を探すことも大切ですよね

散歩や読書をしたり、お風呂に入るのも身体をリラックスさせるには効果的といわれています

疲れているなら我慢せずに一息つくか、ゆっくり休みましょう

まとめ

マイルドドラッグが恐ろしいのは、ダメージがすぐに現れないこと

気が付いた時には生活習慣病に陥っていることもあります

そうならないためにも、マイルドドラッグ中毒からの脱却を目指しましょう

もし摂りすぎてしまったら、失敗した! と認めて、できるだけ早く軌道修正します

罪悪感は捨ててください

マイルドドラッグを口にすることは不健康ではあるけど、別に罪ではないのです

ほかの中毒でもそうですが、何度失敗しても気にしないこと、長い時間をかけて習慣化したものをやめるのは難しいものです

とにかく、できるまで時間をかけて直すしかありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました