フードバガーズがプラスチック ゴミやフードロス問題に!通販は?

【フードバガーズ】って聞いたことありますか?

100円ショップでも販売されていたので知っている方も多いかもしれませんね

今回紹介する【フードバガーズ】は、世界の希少で100%ナチュラル農産物と機能性食材を日本へ直輸入する、株式会社ビルドブリッジAが販売する商品です

フードバガーズって?

フードバガーズは、切り口にぱっとはめるだけ

フードハガーズ 説明

素材はシリコンラバー

切った食材が新鮮な状態のまま長持ちするように設計された「フードハガーズ」

半分に切った野菜をフードハガーズに優しく押し込むと、フードハガーズの薄いシリコンエッジが野菜の断面をきっちりと包んでくれるそうですよ!

切り口面はシリコン密着するので、完全に密閉シールします

誰が作ったの?

ヨーロッパの主婦とデザイナーの設計により産まれました

一般的に出回っている野菜のサイズを、5種類の大きさでカバーしているそうです

どんな野菜に使えるの?

円形のフードハガーズの大きさは5種類

最大で直径11cm、厚さ2cmから最小で直径5.5cm 厚さ1cm

種類のサイズで多くの果物や野菜のが、ハグできるよう設計されているそうです

フードバガーズの大きさは?


大きさは5種類

円形のフードハガーズの大きさは5種類です

最大で直径11cm 厚さ2cm、最小で直径5.5cm 厚さ1cm

5種類のサイズで多くの果物、野菜のハグができるよう設計されているそうですよ

最新デザイン!アボカドバガーズ

アボカドを調理したあと、どうしていますか?

アボカドを調理するとき、1個を使えたらいいのですが、半分だけ使ったときはラップに包むのではないでしょうか?
それをラップを使わずに、切ったアボカドの保存が出来るんですね

フードバガーズの品質は?

米FDA(アメリカ食品医薬品局)基準、食品衛生法クリア

最高品質のFDAグレードシリコンで作られていて、プラスチックの材料や添加物に使われるBPA(ビスフェノールA)とフタル酸エステルは使用されていません

FDAグレードシリコンは、子供用の食器やおもちゃにも使用されています

BPA(ビスフェノールA)は、プラスチックの材料や添加剤として使われています

フタル酸エステルは、プラスチックを柔らかくするために使われています

フードバガーズの通販について

10月30日までクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約を受付中です!

Makuake|次世代ラップで食材長持ち!切り口にはめて野菜や果物を新鮮に保つ「フードハガーズ」|Makuake(マクアケ)
日本での食品ロス問題! まだ食べられるのに廃棄される食べ物の問題「食品ロス」。⽇本では推計年間643万トンの食品ロスが、実に国民1⼈当たり毎⽇茶碗1杯分以上(約139g)の”まだ食べられる食材”が捨てられているのです(農林水産省) フードハガーとは! 切り口にぱっとはめるだけで、食材が新鮮な状態のままで、長持...

フードバガーズはどこで買えるの?

11月以降には楽天市場、自社ネットショップやAmazon店、全国の小売店で販売を予定しているそうです

会社詳細

株式会社ビルドブリッジAは、オーガニックな食材や希少な食材や食器などを探しつつ営業を展開している企業です

 

名称 : 株式会社ビルドブリッジA

所在地: 〒108-0075 東京都港区港南一丁目9番36号 アレア品川13階

まとめ

11月以降には楽天市場、自社ネットショップやAmazon店、全国の小売店で販売を予定している、と紹介しました

詳細が分かり次第、更新してお伝えします


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました