ビーガングルメ祭り事務局の出店情報と2019年フェスの口コミを紹介

スポンサーリンク

 

ビーガングルメ祭りをご存知でしょうか

 

ビーガングルメ祭りは、肉・魚・乳製品・ハチミツや白砂糖を使用しないビーガンの観点から

「ナチュラル」「オーガニック」「ローフード」「マクロビオティック」「自然食」など、体に優しく、安心・安全な食材を使った屋台が並ぶナチュラル系のグルメフェスティバルです

スポンサーリンク

ビーガングルメ祭りとは?そもそもビーガンとは

2011年名古屋会場から始まり、2015年京都、2016年東京と続き、年間3都市で5回(東京と名古屋は春と夏の2回)開催されている「日本最大のベジタリアングルメ祭り」といわれています(年間の総来場者数は2万4千人以上)

ビーガングルメ祭りの特徴は「飲食物全てに原材料表記がある」ことだそうです

通常、対面販売式の屋台では、原材料の表記の義務はないそうですから安心・安全ですね

ここだけにしか出ない有名店や初出店の店舗が多いそうです

屋台以外のイベントもあり、ヨガの体験もあります

食事と合わせて体の中からキレイになれそうですね

来場者の口コミを紹介

ベジタリアン・グルメの気になる味は?

歩いているとビーガンフランクフルトという異常にそそられる文言が飛び込んできたのでそのままならびに。うん、これが本当にビーガン!って思うぐらいのお肉っぽさ。

フィッシュバーガーです!素食すり身を海苔に貼り付けて油で揚げたものをライ麦バンズでサンド、オリジナルのタルタルソースと照り焼きソースも気合が入っています。

木場公園で開催中の、ビーガングルメ祭りに来ています
動物性不使用、グルテンフリー大豆ミートなど…71店舗のお店があってどこもかしこも美味しそうで迷ってしまうよ。。。

ビーガングルメ祭りやっているのだ。要は大雑把に言えば#ベジタリアン専門#グルメフェスティバルなのだ。実はかなり盛況なのだ。知らなかったのだ。肉入ってないしすこぉし高めだけど、バンバン売れるのだ。どうやら現代人は健康重視みたいなのだ

ビーガンとはベジタリアンの違い

ビーガンを一言でいうと「完全菜食主義者」です

「ビーガン」「ピュア・ベジタリアン」ともいい、すべての動物性食材を避けます

卵や乳製品、ハチミツ・白砂糖も口にしません

食だけでなく、動物性を使用しないことで、動物を苦しめたり摂取しないようにする生き方といえます

「ベジタリアン」とは野菜・果物・豆類・ナッツなど、植物性の食材を主体とした食事法です

ビーガングルメ祭り事務局の出店情報

ビーガングルメ祭り事務局の出店の情報をまとめてみました

出店の流れは次の通りです

①出店規約の確認

②出店エントリー

③事務局で選考

④出店量の入金

⑤必要書類の提出

ビーガングルメ祭りの来場者層

ビーガン・ベジタリアンのライフスタイルを選択する人

健康志向・美容意識の高い人

小さなお子さんを持つ若い世代の家族(子供にオーガニックなど安心な物を食べさせたい、または食物アレルギーを持っている)です

出店料(2019東京・春)

①1ブースあたり21,600円(税込)ですが、野外イベントのため天候により中止になった場合は返金されません

当日の売り上げ金額(税込)5%(当日中)本部に納入

ビーガングルメ祭り事務局に支払った「協賛金」「レンタル備品」全額返金されるイベント保険がありますが、出店料は返金されません

出店スペースと必要な備品

①1区画の大きさは3m×3m以内

テント・机・発電機・洗浄設備は出店者側で用意(レンタルあり)

※合同出店は可能ですが、屋号名は1店舗分の掲載

使用禁止の原材料

肉・魚・卵・乳製品・ハチミツ、および動物性由来の製品(魚やの句のだし汁、皮製品、シルク、ウール、ゼラチン等も含む)一切の使用・販売はできません

※油にも注意(使い回しの油で動物性が混じることもNGです)

気になる売り上げは?

出店にあたり、いくら売り上げれるのか一番気になるところですよね、主催者側によると

店舗の認知度や天候にもよりますが、各会場・晴天時の場合の平均(フード・物販)

東京会場 12~14万

名古屋 11~13万

京都 9~12万

700円前後のフードでしたら、150~200個前後になるとのことです

出店にあたってのメリットと注意点

ビーガングルメ祭りの出店には、絞り込まれた来場者にアプローチできるというメリットがありますが、注意点もあります

①出店料没収(天候による中止)

雨天決行ですが、台風や天災などで事務局が危険と判断し中止となった場合、出店料は返金されません

②費用対効果

3か月ほど前から募集が始まり、レシピなどを決め、原材料の確定や表示、写真の撮影など多くの準備が必要です

また、食材や設備の用意にも相応の費用がかかります

まとめ

食の安心・安全への関心がより高くなっていることや、ビーガンの生き方(哲学)に共感する人が増え「ビーガングルメ祭り」に出店・来場者数は増えているそうです

今回は出店にあたっての、メリットと注意点を紹介しました

開催が中止になり(とうぜん売り上げはゼロ)出店料は返金されず、モヤモヤを隠せない出店者の方もいるようです

十分な検討とリサーチを重ねたうえで「環境や動物に優しい思想のグルメフェスティバル」に参加されることをおすすめします

コメント

タイトルとURLをコピーしました