コエ ドーナツにサンドイッチ!人気メニューとグッズや口コミも紹介!

スポンサーリンク

【コエ ドーナツ(koé donuts )】から新メニュー「ドーナツサンドイッチ」シリーズが、2019年9月2日(月)から発売されるそうです

スポンサーリンク

京都の1日を京食材を使った新たな朝食スタイルでスタート

メニューに加わる「ドーナツサンドイッチ」は、ドーナツに京都産の食材を豊富に使ったサンドイッチは3種類!

ボロニアハム&西京味噌マヨネーズ


ボロニアハム&西京味噌マヨネーズ 680円(税抜き)

京都ポークのボロニアハムに、ジャージー牧場のリコッタチーズと西京味噌マヨネーズを合わせているそうです
地産地消の新しいハム&チーズのお味は?

京なすバーベキュー


京なすバーベキュー 630円(税抜き)

揚げた京なすとフレッシュなトマトに自家製バーベキューソースを絡め、野菜の旨味とバーベキューソースの甘みが絶妙に絡み合う一品

京地どり&京漬物タルタル


京地どり&京漬物タルタル 680円(税抜き)

京都のブランド鶏肉「京地どり」に、京漬物と美卵のタルタルを合わせているので、地どりと漬物の食感が楽しめそうですね

タピオカミルクティも一緒に

ドリンクメニューには、ふわふわのチーズムースに厳選した茶葉を使ったお茶とタピオカを合わせた「チーズタピオカティー」680円~(税別)も!

定番の紅茶や宇治抹茶、ほうじ茶のほか、マンゴーやストロベリー、丹波黒豆茶を使ったメニューもあります

タピオカは小粒でもちもちした食感が美味♪

手土産にもいかが?

イートインできるのはもちろん、テイクアウトもできますよ

写真の京都限定ボックスは、ほうじ茶、みたらしクルーラー、抹茶オールドファッション、ベイク黒豆、ベイク五色豆、ベイク京人参と白味噌の6個入りで1800円(税抜き)

おみやげとしても喜ばれそう!

コエドーナツについて

2019年3月に体験型ドーナツ工場「コエ ドーナツ」が京都・河原町にオープンしました

koe donuts

キーワードは「オーガニック」「天然由来」「地産地消」

koé donutsは地球環境にも配慮し、素材や製造にこだわった 新しいドーナツを販売しています

棚にはカラフルでとってもかわいいドーナツがずらり!好きなものを選んでレジへ、たくさんあって目移りしてしまいます

koe donuts

イートインメニューの「ドーナツメルト・ストロベリー」850円(税抜き) 

ドーナツの製造工程を見ながら、ナイフとフォークでゆっくりとドーナツを楽しむ新しいスタイルが話題になりましたイートインメニューとテイクアウトメニュー(イートインもOK)があり、バラエティも豊富♪

koe donuts

隈研吾氏デザインの和モダン空間

koe donuts

店舗のデザインは日本を代表する建築家の隈研吾氏

京都・嵐山の竹を使った伝統的な六ツ目編みのかごを572個も用いた店内は、かごの網目から漏れるライトの光で、柔らかな印象です

65席+スタンディングがあり、テーブル席のほか、おひとりさまでも気軽に利用できるカウンターもありますよ

人気のオリジナルグッズ

ショッパーやボックスなどに描かれた、koé donutsのキャラクター「ドーナツ博士」をモチーフにしたグッズが店内で限定販売されています

koe donutsキャップ(3013円)、マグカップ(2149円)、コーヒータンブラー(2689円)商品は税込みです

イラストレーター・長場雄氏デザインの koé donuts オリジナルグッズ

【コエ ドーナツ(koé donuts )】の口コミは?

人気のコエ ドーナツの口コミを紹介します
美味しさが伝わってくるようですよ

店舗情報とアクセス

【コエ ドーナツ(koé donuts )】
住所:京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町557番地 京都松竹阪井座ビル1F
席数:65席+スタンディング
営業時間:8:00~20:00

アクセス:阪急京都線「河原町」駅 9番出口より徒歩約1分
※駐車場はありませんが、駐輪場は利用できます

まとめ

こだわりの店内に、かわいいドーナツ、製造の工程を見学…見どころが満載!新感覚のドーナツファクトリー、ぜひ体感してみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました