ガストがまた炎上商法?御朱印食帳キャンペーンの内容や削除の原因は?

スポンサーリンク

株式会社すかいらーくが展開するファミリーレストランチェーン「ガスト」が炎上しています

きっかけは、「ガスト」が、全国47都道府県の店舗を2019年4月22~5月15日の期間中に制覇すれば20万円分の食事券をプレゼントするという企画を行ったことによります

このキャンペーンサイトはすでに削除され、4月24日に公式サイト上にお詫び文をアップしています

スポンサーリンク

ガストが中止した「1000万円山分け企画」とは?

全国47都道府県にある「ガスト」の店舗数は、なんと1361店舗

この1361店舗を期間中2019年4月22~5月15日に制覇すれば先着50人1000万円分の食事券を山分けするという企画

 

1000万円と聞くと「おっ!」と思われるかもしれませんが、一人上限は20万円

このキャンペーンは、ツイッターやネットの掲示板などで話題になり

「このキャンペーン条件についてご意見をいただき、弊社で再考」と中止を明らかにしました

そこで「本告知は、ガストというブランドが日本全国、全都道府県に1300店以上あることなどを楽しみながら知っていただきたいとの想いと、そのための話題づくりと趣旨として企画しました。しかしながら、お客様からのキャンペーン条件についてご意見をいただき、弊社で再考した結果、企画を中止することにいたしました」と理由を説明しました

そして、「多くのお客様に混乱とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と締めくくっています

この「山分け企画」さらに具体的に

全国1361店舗を24日間以内で回るとなると

1361店舗 ÷ 24日 = 57店舗(1日)

しかも、1店舗当たり1,000円以上のレシートが対象

1361店舗 × 1,000円 = 1,361,000円

ここまでは、あくまでも単純計算です

実際に各都道府県の各店舗を回るとなると、交通費はもちろん(個人差はありますが)食費や宿泊代がかかる場合もあるでしょう

さらに驚きの内容が

このキャンぺーに参加するにあたり、サイトから各都道府県店舗別に「御朱飲食帳」なるものをダウンロードして自分で製本します

そこに各店舗の御札(レシート)を1枚づつ貼り付けます

全部で47冊、厚さは約15センチで重さは3キロを超えるそうです

さらに、すべて集まったら「すかいらーくホールディングス」の本社に行きマーケティング本部の担当者を呼び出します。ただ「ちなみに連日会議が立て込んでおり、なかなか捕まらない場合がございます。また、外出や出張の場合は後日改めてお越し願う場合がございます。その点何卒ご容赦ください!」と、担当者のコメントが書かれていたといいます

そもそも何故このような企画が?

令和のスタートとガストの「知る人ぞ知る ご当地グルメ旅フェア」を記念したものだそうです

「知る人ぞ知る ご当地グルメ旅フェア」とは、2019年3月7日(木)から開催されているフェアで、北は北海道から南は大分まで、日本各地のご当地グルメをテーマにしているとのことです

まとめ

今回「ガスト」の炎上の理由がお分かりいただけたでしょうか

 

参加者の経費は単純計算でも、プレゼント金額(20万円)の7倍近く

企画の段階で、担当された方々は疑問を感じなかったのでしょうか?

このキャンペーンが4月1日でしたら、ここまでの騒動にはならなかったかもしれませんね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました