【Stirr】スターラー自動撹拌機の販売は通販?詳細と口コミを紹介

調理の時短にも!おしゃれなキッチンツール【Stirr】スターラー

写真の器具が、自動の撹拌機(カクハンキ)です

そう、カクハンキなのです
撹拌機というと、ハンドミキサーやブレンダーを、思い浮かべるかたも…

ただ、大きく違うのは、ハンドミキサーもブレンダーは手で持ちますが、これから紹介する【Stirr】(スターラー)は、自動(電池)で動きます

すでに200万台以上を販売【Stirr】(スターラー)を動画で紹介!

【Stirr】スターラーの特長

動画でご覧いただいたとおり、
弱火にかけた鍋に入れ、スイッチオンでステーラーが、かき混ぜてくれます

クリーミィ―に(好みの状態)に出来上がるタイミングで、キッチンタイマーをセットしておけばタイマーが鳴るまでの間、他の作業ができますから調理の時短になりますよね
機能性だけではなく、おしゃれで可愛らしいデザインは、キッチンのインテリアに喜ばれているそうですよ

【Stirr】スターラーの使い方

本当に何でも混ぜれるの?
そう思いますよね、でも大丈夫です
大きめのジャガイモやニンジンがゴロゴロしているカレー(具材が抵抗になって回転しなくなる恐れがある)場合や、濃厚なお粥状のペーストでも回転できるように、3段階の強度調ができるので、ほとんどのメニューに対応可能です。
カレーやシチューのような油分の多いものでも溶けない?
足の部分はもちろん耐熱仕様で、120℃までOK。足だけを取り外して、食器洗い洗浄機で洗っても問題ありません

スターラーの秘密?

スターラーは別売りの単3電池4本で動くのですが、微振動を加えることで回転する仕組みのようで、3本足のうち1本だけ先端の形状が違っていることにも、自動回転の秘訣が隠されていそうですよ

【Stirr】スターラーって?どこの商品?

スターラーはイギリスのデザイン会社、ÜUTENSIL(ユーテネシル)が提供しています


そのデザイン性と品質の高さは レッドドット・デザイン賞を受賞するなど、メディアやコンテンツでも取り上げられています

レッドドット・デザイン賞ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定を行っているレッドドット・デザイン賞は、過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査されます。これらをクリアした作品にレッド・ドット賞が、中でも特に優れている作品にはベスト・オブ・ザ・ベストが贈られます。

【高品質の素材から作られている製品は、5年間の保証付き】

スターラー(Stirr)はどこで買えるの?値段は?

スターラーは、どこでかえるのでしょうか

残念ながら日本では販売されていません

ÜUTENSIL(ユーテネシル)HPから注文、輸入になります

価格は、18.99ポンド(約2,600円)で、日本への送料は10ポンド(約1,400円)です

日本で買える!ほかのメーカーの自動撹拌機と口コミはコチラ

Amazonのレビューを、一部紹介しますね

残ったカレーの再加熱の際に一度使用してみました。本来は、なべに具材を入れる前に機械を装着するようなのですが、
特に問題なく動作しました。他の方のレビューで、27㎝の鍋に使えたとのことで、
我が家の鍋でもばっちりでした。(レビューに感謝いたします。)耐久性はまだまだ未知数です
長く使えれば幸いです。それと電池式なので、急に止まってそれに気づかなかったららどうしようかと思っていたのですが、
回転中は結構な音がするので、音がしなくなればすぐわかりそうです。それと高温時にはこれだけだと焦げそうな気がするので、
じっくり弱火で温める時などに使用するのが、一番良い使い方かもしれません。
動きは一定で速度変更は出来ません。
ミルクジャムを作るのに購入致しました。
手が疲れないのでとても楽をしています。
プロペラ?の部分が1センチくらいしか無いので、羽を自分で創作するしかないなぁと思いました。
趣味で週1回ほど蕎麦打ちをしております。
蕎麦を茹でた後の蕎麦湯をドロドロになるまで煮詰めることで蕎麦豆腐を作っています。
今までは焦げ付き防止のために鍋の前で1時間ぐらい付きっ切りでかき混ぜていましたが、この製品を使うと全く手でかき混ぜなくても鍋底が一切焦げ付くこともなかったです。
もっと早く買っておけばよかったです。
これから毎週使用します。
鍋をかき混ぜる機能は一般家庭では必要十分だと思う
ただ、値段からすればこんなものかもしれないが、細かい不満がいくつか
電池用の蓋が当初無駄に固く、一度開けたら片側の爪が効かなくなってしまった
アームは本体を回すと伸長するのだが、自動巻き取りが強すぎ、うっかりすると鍋に引っかける前に戻ってしまう
プロぺラやシャフトの取り付けがユルユルで(ユルユルだから色々な鍋に適合できる)本当に動くのか心配になる
やりたいことはやれるけれど、日本メーカーのかっちり感はない

まとめ

調理器具、スターラーを紹介しましたが、いかがでしたか?

ÜUTENSIL(ユーテネシルの、商品は、実用性&遊びごごろがいっぱいですね

 

話は少し変わりますが、2019年7月8日(月)に米国発のブレンダー「NutriBullet Pro(ニュートリブレット・プロ)」が日本で発売されます

こちらは、撹拌機ではりませんが、同じく”時短”アイテムです

 

日本での販売を期待しながら、最頻の情報をお伝えしていきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました