クッキングシートで正方形の箱の作り方!器にも使える折り方を紹介!

クッキングシートをどのように使っていますか?

「オーブンシート」や「ベーキングシート」とも呼ばれるクッキングシートは、表面にシリコンやテフロンがコーティングされているので、食材が張り付きにくいのが大きな特徴です

クッキングシートの特性と使い方と注意点

クッキングシートは耐熱性(250℃)があり、水蒸気は透過させ、液体の水や油は通しにくい構造なので、オーブンやオーブントースターの焼き料理や電子レンジにも使え、蒸し料理・落しぶたにも利用できる便利な「紙」です

そんなクッキングシートの特性を調理に活かすために、箱を作ります

後片付けが簡単なのも魅力です

クッキングシートの特性を活かした使い方

フライパンや天板に敷いて調理することで、後片付けが簡単!

・くっかないので、お餅や揚げ物の加熱に

・適度に蒸気を通すので、包み蒸し(焼き)料理に

・余分な水分を逃がすので、ボールに敷いて酢飯作りに

・好きな大きさに切って、落しぶたに

・タネをのせて、そのまま揚げられるかき揚げに

・臭いがうつらないから、ニンニクなどの下ごしらえに

・生キャラメルやチョコレートなどを包んだりと、ラッピングに

 

クッキングシートを使う際の注意点

・直火での使用や、250℃より高い温度や250℃で20分を超える使用はしない

・調理機器の熱源にシートが触れないようにする

・フライパンやホットプレートなどにシートを敷いて使用をした場合、高温になりやすく、燃えることがある

 

クッキングシートの箱の作り方

30㎝幅のクッキングシートを用意します

cookinng-seet1

写真のように対角におり、カッターで切って正方形にします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分に折ります

もう一度半分に折り

広げると十の折り目がついています

こんどは三角に折ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度三角に折ります

広げると×の折り目がついています

角を中心にむかって折り、反対側も同じように折ります

中心にむかって折ります

広げます

こんどは、こちら側を折ります

反対側も同じように折ります

写真のように広げます

折り目にそって立て

箱の形になるように折ります

端を折って、箱の底を作り反対側も折ると、箱の完成です!

 

まとめ

 

①水蒸気を透過させることから、豆腐などの水分の多い食材の水気を切りながら調理できる

②熱に強いのでグラタン皿(耐熱容器)としても使え、食後は捨てるので洗う手間が省ける

③残り物を(ちょっぴり)お洒落にリメイクできる

 

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください