pottoとタニタカフェのコラボ!北花田イオンのメニューと味を口コミから紹介

「タニタ食堂」という言葉を聞いたことのある方、多いのではないでしょうか

健康総合企業の「タニタ」と身近に楽しめる食堂「potto」が2018年3月20日にオープンした「食堂カフェpotto×タニタカフェ
最近ますます人気が高まっているそうです

今回はそんな「食堂カフェpotto×タニタカフェ」の人気の秘密を口コミから探ります

タニタカフェ食堂カフェpottoとは?コラボレーション店「potto×TANITA CAFE」の店舗情報

「食べて健康に、おいしくて笑顔になる」健康総合企業のタニタが提案する「楽しく」「リラックス」テーマにしたタニタカフェ「第三世代で楽しむ」をテーマにした大阪市内で人気の食堂カフェpottoni のコンセプトをお伝えします

タニタカフェとは

健康総合企業のタニタが提案する、新しいスタイルのコンセプトカフェです

コンセプトは「楽しさ」「心地よさ」といった「心の健康づくり」

2018年5月、1号店「タニタカフェ有楽町店」がオープン

2022年度までにフランチャイズ店、メニュー提供店を合わせて全国100店舗の展開を目指す予定です

タニタカフェはヘルシーなメニューを提供するのがコンセプト、店舗を展開するにあたり、楽天と提携し農業事業「Rakuten Ragri」に参画する生産者から、直送された旬の有機野菜を使ったメニューを提供します

タニタによれば、有機野菜は日本で約0.2%しか栽培されていない無農薬・無化学肥料のオーガニック野菜で、有機JAS認定の安心・安全旬の時期に収穫された産地直送の新鮮なものを使用するそうです

食堂カフェpottoとは

大阪市内で人気の食堂カフェ

看板メニューのミートソースが人気のお店です

コンセプトは「働く女性に必要とされる店」

「働くには3つの解釈があって

1つ目は 仕事をして給料をもらうという働く女性

2つ目は 事や育児に勤しむという意味での働く女性

3つ目は 女性が働く場所を提供したいこちらの思いです」

 

1号店は大阪北部のベッドタウンで主婦層が多い桃山台

2号店はOLが行きかう南船場

3号店は子育てファミリーに人気の都島

 

経営は、h.a.s!(ハズ!)株式会社

居酒屋経営を知り尽くした、緻密な戦略とコンセプト、そして熱い思いが結集したお店だそうです

「potto×TANITA CAFE」の店舗情報

イオンモール堺北花田 3Fフロアに「potto×TANITA CAFE」があります

食堂カフェpotto×TANITA CAFEイオンモール堺北花田

営業時間 10:00~20:45(ラストオーダー20:45)

予約・問い合わせ 072-245-9123

お店のホームページ http://www.tanita.co.jp/tanitacafe/

※こちらでは予約が出来ます

気になる口コミを紹介

#リピート決定!娘と二人でランチに行ってきました。入店したのが2時半くらい、まずまずの混み具合。床に座るタイプの席をとってから注文に行きました。私はワンプレートのチキンタルタル、娘はカラスミのパスタを注文しました。ワンプレートはお野菜いっぱい!どの野菜も甘くて美味しい♪チキンはやや揚げすぎで硬かったですがボリュームあり!タルタルがたっぷりかかっていて美味しかったです。パスタはガーリックがよく効いていて麺もモチモチ♪これまた美味しかったです♪
豚しゃぶ・アボカド・半熟卵のやみつきライスボウル(1,020円)にしました。
野菜ベースの甘辛い濃厚ごまダレが全体にかかっていて、確かにやみつきになりそうな、かなり濃い味。上にのった完熟アボカドと半熟卵を混ぜ合わせると、これがとってもよく合う!そして、っこれを全体に混ぜ込むと、丼全体がクリーミーでまろやかで、より美味しくなります。たっぷりのったフレッシュサラダもおいしかったし、セットのトマトスープも、ちょっと塩辛かったけど、野菜が具だくさんで美味しかったです。

座敷スタイルがあり落ち着ける。ご飯も美味しかった。イオンのほかの店が混んでいるなか空いていたので穴場なのかも。
キッズメニューがたくさんあります。クッションが置かれた座敷席があり、小さい子供連れにはピッタリですね。

食事を運んでくれる以外はお水のほか、お箸やフォークなども全てセルフサービスとなっていて、そのお水は、オレンジ・ライム・グレープフルーツの果物が浸されていました。お水にフルーツが入っている心配りは、とても嬉しいです。
話題のタニタカフェとpottoのコラボダイニング。
カロリーや塩分を控えたランチが食べられる…のかと思いきや、カロリー表示はメニューになく、料理の塩分はけっこう強めでした(笑)でも、美味しかったですよ。

メニューは評判のワンプレートにしました。プレートはメイン4つから選ぶのですが、定番のローストビーフにしました。かなり塩辛く感じましたね。カフェご飯なので量は想像していた通り少なめです。また、野菜が中心なのですがドレッシングが中途半端に感じました。

体によい食事を提供してくれるということで、サラダのドレッシングは全体的にうす味です。しかし、量が多くて、しかもシャキシャキなため、顎を使って何だか満腹感がありました。
セルフのお店は、注文窓口まで行ってメニューを見て決める所が多いですが、こちらはテーブル席にもメニュー表が置いてあって、席に着いたら、それを見てゆっくり決めることができます。

ポットタニタカフェへ行ってきました。関西では初コラボと言うことで期待したのですが、私の期待していた内容がお洒落なカフェをイメージしていたのですが、お店と一般の通路の垣根
がないから外から丸見えでの食事はかなり気になります。

コーヒーのクリームは生クリームででした。
セルフサービスのカフェは、コーヒーフレッシュが多いですが(コーヒーフレッシュも嫌じゃない)本格的なミルクを使っていることに、お店のこだわりを感じました。

ちなみに、タニタカフェとコラボしているのは、1日分の野菜の半分が摂れるという、サラダ盛り盛りの「ワンプレート(1,180円)」だけみたいですね。

贅沢すぎるランチとなりましたが、身も心も幸せな、満足のいくランチタイムとなりました。

まとめ

オープンから1年過ぎた「食堂カフェpotto×タニタカフェ」

オープン当初からの人気は衰えず、新メニューが次々と登場しています

そんな人気ぶりが口コミから伝わりますが、中には、塩分・カロリー・店舗の作りなどに意見もありました

今後、店舗を展開をするにあたって参考にしていたきたいですね

「食べて健康に、おいしくて笑顔になる」健康総合企業のタニタが提案する「楽しく」「リラックス」テーマにしたタニタカフェと「第三世代で楽しむ」をテーマにした大阪市内で人気の食堂カフェ「potto」のコラボレーション店、予約出来るのが嬉しいですね、一度訪れてみてはいかがでしょうか

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください